【職業紹介 vol.04】英文事務

今回は、英語を用いた事務として知られる英文事務の魅力についてご紹介します!

業務内容

英文事務とは、英語で書類を作成する事務職です。
英語力のレベルによってできる業務が異なるので、中級と上級に分けてご紹介します。

中級:TOEIC600点~

中級の英文事務の業務は、フォーマットを使用した文書作成が中心です。
他には、書類の翻訳作業など文章作成・理解・翻訳する能力が求められます。
※経験を積むことで、上級の英文事務になることも可能です。

上級:TOEIC700~800点

上級の英文事務は、通訳・翻訳として活躍するなど、留学経験を大いに生かせる仕事です。
フォーマットに頼らない文書やビジネスレターの作成、メール・電話の応対、細かな交渉事などを任されます。

求められる能力

英語力

英文の書類の作成や翻訳が必要なので、文章表現ができるレベルの英語力が必要です。

ビジネスマナー

事務職ですから、OA機器の操作や電話応対、来客対応など、一般事務と同等のビジネスマナーが求められます。

実際に働いている人の声

やりがい

キャリアを積みながら英語力を上げると、海外からの電話の応対以外の仕事もできますよ。会社で書類や資料を翻訳したり、会議の英語通訳をしたり。
出来ることが増える達成感はかなり気持ちいいです!

業務での苦労

海外のメーカーにオーダーメイドで注文するときの、ロットナンバーや仕様を説明するのが大変でした。基本的に英語で指示を出すのですが、ディテールの表現にいつも悩んでしまいます。

あと、メールのやりとりをする上で、国ごとの時差や祝祭日を把握するのも大変ですね。うっかり忘れていると取引先に失礼なので…….。

求職中の留学経験者へ

留学経験があっても「コミュニケーションには自信がないなぁ」って方には、特におすすめです。
私は周りの環境に感化されて、働いていくうちにコミュニケーション能力が向上しました。だから、皆さんもきっとスキルアップできると思います!
まずは英語の記述力を活かして働く、そして将来的には英語によるビジネスコミュニケーションを仕事にする。そういう目標を立てられる職場です。是非チャレンジしてみてください。