【アドバイザーズコラム】なぜ日本で就職したの?海外留学経験者に聞いてみました

TIP TOP JOBの黒田です。

留学を経験した日本人の多くは、日本での就職を目指す傾向にあります。

海外での生活を経験した上で、それでも日本で就職したいと思う理由はなんなのか、帰国後の就職活動の感触はどうだったのか。

どうしても気になったので、日本で働く留学経験者の方々にアンケートを取ってみました。

やっぱり母国のために働きたい、日本で就職する理由

1つ目の質問は、やはりこれです。

なぜ日本での就職を選んだのですか?

以下のような回答をいただきました。

  • 海外で生活して、改めて日本の良さを実感して、日本からその良さをもっと発信したいと思ったからです。
  • 今の日本は売り手市場なので、英語を活かした仕事を見つけやすいんじゃないかなと考えました。
  • 現地で一度就職したもののやっぱり日本で働きたくて、留学経験に現地での実務経験があれば、日本でも自信を持って自分を売り込めると思ったんです。

印象的だったのは「海外で生活して日本の良さを改めて感じた」という声が多かったこと、そして「日本の良さを自分の手で広めたい」と考える方が数多くおられたことです。その一方、日本の働き方が世界に取り残されていると感じる方も少なくないようです。

留学で鍛えた語学力と学び得たスキルが、日本国内の企業をグローバル企業に成長させる。

TIP TOP JOBはそう考えていますが、多くの留学経験者の皆さんも同じように考えてくださっていることも、アンケート結果から感じました。

日本では未だ、留学経験者というと英語力だけに焦点を当てがちです。留学経験それ自体が大きな可能性を秘めたスキルであるという認識をぜひ持っていただき、留学経験者の採用に前向きに取り組んでいただきたいと切に願っています。

日本と海外の就活事情の違いが不安

2つ目の質問は、留学後の日本での就職活動についてです。

就職活動は留学経験の有無を問わず不安がつきものですが、留学を経ての就活だから特に不安に感じること、やっぱりあるようです。

留学後の就職活動で不安に感じたことはありましたか?

この質問には、以下のような回答をいただきました。

  • 日本の就活マナーやビジネスマナーを全然知らなかったのが不安でした、海外と違うところも多いので。
  • 海外の大学を卒業したのですが、タイミング的に新卒採用に間に合わず、内定を得られるのか不安でした。
  • 20代後半でワーホリに行ったのですが、年齢的に帰国後仕事を見つけられるか不安はありました。

やはり、日本独特の就活事情に不安を感じる方が多い印象です。特に新卒一括採用は日本特有の仕組みで、そのルールも日本の大学を基準にしていることから、海外の大学を卒業した留学生は新卒採用の流れに乗ることすら難しいのが現実です。

ただ、2018年の9月になって経団連会長が就活指針の廃止に言及するなど、新卒採用を取り巻く状況も変化してきています。今現在留学中、もしくは留学を検討している学生の皆さんは、日本の就活事情にもぜひ目を光らせておいてください。

新卒一括採用は日本特有の仕組み

ここで、日本での2018年度(19年3月卒)新卒採用の流れを参考までにご紹介します。

2018年度の情報解禁日は、昨年度と同じく3月1日でした。解禁と同時に、各種就活ポータルサイト上でも情報がオープンになり、登録や説明会申し込みなどが可能になります。

3月のスタート時点から、多くの学生はエントリーシートを企業に送り、説明会に参加するなど、事実上選考がスタート。面接の解禁は6月1日、その時点では就活戦線もすでに終盤、内定を勝ち取るために学生は必死に活動します。

ただ、経団連の指針に必ずしも各企業が従っているかというとそうではなく、6月1日時点で内定獲得率65%というデータもあり、ルールの形骸化も叫ばれています。

一方、海外の大学の場合、まず卒業時期が国、大学によって異なります。また、就職活動は卒業間際に行うのが主流です。

説明会や面接の度に日本に帰るのは非現実的ですし、卒業までのスケジュールがそもそも新卒採用と合わないため、事実上新卒カードを捨てる格好になる留学生が多いのが実態なんですね。

そういった理由から、立場としては新卒であっても、人材紹介会社を通して職を探す留学生が数多くいます。

また、その状況を見越して実務経験を少しでもプラスに働かせる為に、希望する職種に関連する仕事やインターンシップ先を現地で探す方も見受けられます。帰国後の就活や仕事に活かすのであれば、賢い選択肢と言えますね。

海外では効率性を重視し、純粋に能力を評価する

3つ目の質問は、日本と海外の働き方について。

最終的に日本で就職したとはいえ、現地でそのまま職に就くという選択肢を、留学経験者の皆さんも一度は検討するのではないでしょうか。

その際、海外ではどんな働き方をするのか、多少なりとも調べられると思います。実際に現地で短期間働いてみて、自分に合うかを試す方も多くいます。そこで、このように尋ねてみました。

日本と海外で働き方が違うと感じるポイントはどこですか?

この質問には、以下のような回答をいただきました。

  • とにかく一番に重視されるのが効率です。時短に繋がるツールは積極的に導入しますし、ミーティングも最小限ですね。また、上下関係を意識せず、誰とでも分け隔てなく意見交換ができる空気があります。
  • 年齢や単縦な経験年数はあまり評価されず、その人が持つ能力やスキルが純粋に評価されて、待遇や給与が決まります。実力主義が徹底されているので、日本のようにのんびり働けない厳しさはありますね。
  • 転職に対する意識の違いが大きいです。キャリアアップのために転職はごく当たり前ですし、回数が多いからと評価が下がることもないそうです。むしろ、転職回数が少ないと能力が低いと見なされると聞きました。

ポイントは、日本よりも効率を重視する働き方、キャリアアップのための転職、といったところでしょうか。

海外では基本的に退職金制度がなく、勤続年数が評価に繋がることもないため、自分の価値を高めよりより待遇、環境を求めて転職することが一般的です。

裏を返せば実力主義、効率よく結果を出すことを常に求められ、それに応えられなければシビアな判断を下されることも珍しくありません。

とはいえ、日本でも終身雇用はほぼ崩壊し、退職金制度のない企業は珍しくなく、転職に対する認識もこの数年で随分変わりました。リモートワークを導入する企業も増えてきていますし、効率を重視する風土も少しずつ広まってきています。

働き方という点では、日本と海外の差はかなり縮まってきていると言えるかもしれませんね。

アンケートへのご協力ありがとうございました

留学経験者の方々の声、いかがでしたでしょうか。

改めて、アンケートにお答えいただいた留学経験者の皆さんに、TIP TOP JOBを代表してお礼申し上げます。

今回のアンケート結果を踏まえて、TIP TOP JOBは今後ますます留学経験者の活躍の場が広がるよう、日本の企業に留学経験の価値を理解していただくべく活動を続けてまいります。

留学後の進路にお悩みの方は、まだ留学中でも構いません、ぜひTIP TOP JOBにご相談ください。

あなたが留学経験を活かしてあなたの望む地で仕事をできるよう、私たちが精一杯サポートさせていただきます!