留学スタイルから見る留学経験者が得られる能力の違い

留学と聞いて、皆さんはどんな形式を思い浮かべますか?

一般的に留学というと、おおまかに以下の3つのスタイルに分類できます。

・短期留学(〜半年)
・長期留学(1年〜)
・ワーキングホリデー

短期留学の代表的なものといえば、語学留学です。1ヶ月程度の短期間から行ける上に、費用もそこまでかかりません。
夏休みなどの長期休暇の間に行ったり、キャリアアップ目的で転職期間中に行ったりといったケースが多いのではないでしょうか。

一方長期留学は、大学留学が最も一般的です。
高校卒業後海外の大学に入学するといったケースが多いですが、大学院への留学といったケースもあります。

ワーキングホリデーは前述の2つとは異なり、現地で働きつつ語学を学んだり海外生活を楽しんだり、学びを得る機会は多数あるものの、あくまでも観光を主目的としたものです。

海外で生活するという点ではどれも同じですが、過ごす期間や過ごし方が違えば、得られる能力にも当然違いが出てきます。
そこで、長期留学・短期留学・ワーキングホリデーのそれぞれで得られる能力の違いについて、考えてみましょう。

長期留学の強みは高度な語学力と専門性

まず最初は、長期留学です。
一般的に長期留学といえば、大学留学や大学院留学が当てはまります。
なので、ここでは大学留学を前提に、得られる能力を考えてみましょう。

語学力とコミュニケーション能力

大学留学経験者の語学力、多くの場合英語ですが、これはとても高度です。日常生活はもちろんのこと、大学の授業も当然英語や現地の言葉で受けることになるため、とくに専門分野における語学力は非常に高い次元まで引き上げられます。

また海外の大学では、ディスカッションやディベート、プレゼンテーション等が授業の中で当たり前のようにあります。これらは、語学力だけでなく、文章力やコミュニケーション能力にも直結します。
日本の大学では、まだまだ座学が中心。ディベートやプレゼンテーションを実践的に学ぶ機会は、なかなかありません。大学留学経験者にとっては、仕事をする上で大きなアドバンテージになります。

高い専門性

海外の大学生の自主学習時間は、日本国内の大学の学生とは比較にならない程多いことがよく知られています。それだけシビアな環境であるとも言えますが、結果として高い専門性を得られるのはもちろん、自ら学ぶ姿勢を身につけることで生涯に渡るキャリアへの挑戦にまでつながります。

また、大学院留学の場合、各種マスター・ドクターまで修了すればその専門性の高度さは異次元のレベルです。MBA履修者ともなれば、日本国内においても稀有な人材となり、これからのグローバル社会を率いる人材となれることでしょう。

希少性

現在、長期の留学生は減少傾向が続いており、長期留学経験者は希少な存在になりつつあります。
その希少性を自身の価値、武器と捉えることができれば、就職活動や仕事に有利に働かせることもできるでしょう。

もちろん、単に希少であるからという理由だけで優遇されるわけではありません。
他の人にはない経験を活かして、どのように職場で貢献できるのか、人生を豊かにできるのか。
その答えを見い出せれば、長期留学経験はあなたにとって誰にも負けない武器になることでしょう。

短期留学の強みは異文化理解

次は短期留学です。
短期留学と言えば、多くの人は語学留学を思い浮かべるのではないでしょうか。
また、大学の交換留学というケースも昨今は多く見られますね。
語学留学は数ヶ月〜半年、交換留学の場合は概ね1年という滞在期間が一般的です。

ここでは、語学留学を例に、どのような能力を得られるか、考えてみましょう。

語学力(日常会話〜ビジネス会話)

短期留学でも、やはり語学力は強みです。数ヶ月の短期滞在にも関わらず語学力の向上が目覚ましく、日常会話の習得はもちろん、より実践力のあるビジネス会話まで習得する人も珍しくありません。

語学留学で学ぶ語学は、やはり英語が一般的。
現地で学ぶ英語は実践的ですし、留学中のコミュニケーションも基本英語ですから、短期間であってもそこで得られる経験は非常に価値があります。

コミュニケーション能力

語学留学では、世界中から集う様々な国籍、人種の人たちとの出会いがあります。大学留学と比べて、年代の幅も大きくなりがちです。
そんな環境で、英語を母国語としない者同士が英語でコミュニケーションを取ることは、容易いことではありません。

だからこそ、共通の理解のない他者との間で、いかにして英語でコミュニケーションを取れるか。この経験がコミュニケーション能力を大きく向上させてくれます。

異文化理解

様々な国籍、人種、年代の人たちが集う語学学校での生活は、日本ではまず巡り会えないような異文化に触れる機会がたくさんあります。それはつまり、何気ない場面でも互いの文化を理解し互いに受け入れる、寛容さが求められるということでもあります。

そういった異文化理解は、日本ではなかなか学ぶことができない一方で、これからのグローバル社会を生き抜くためには必須ともいえる能力です。

ワーキングホリデーの強みはチャレンジ精神

ワーキングホリデーというと、ホリデーという言葉の響きから遊びや旅行という印象を持たれがちですが、「広い国際的視野を持つ青年の育成」と「両国間の相互理解、友好関係の促進」を目的とした特別な制度であり、2国間の協定に基づいて異なる文化の中で休暇を楽しみつつ、滞在資金を現地で働いて補うことができるというものです。

2国間で協定が結ばれている必要がある為、対象となる国は限られており、2018年時点で行けるのは21カ国です。
原則として各相手国ごとに一生に一度しか利用できませんが、例外的に一定の条件を満たせば二度利用できる国もあります。

実際に現地で働けるというところから、実践的な語学力を得ることができます。

環境適応力・異文化理解

ワーキングホリデーの強みは、現地で最大一年間生活するというところから、様々な環境や文化に適応、理解する力を得られることにあります。

ワーキングホリデーは現地で働くだけでなく、習い事やイベントなどのアクティビティに積極的に参加することを主な目的としており、多くの人との出会いがあります。また、他の留学ではあまり見られない、拠点を移しながら滞在するスタイルを取る人も多く見られます。

そういった生活を過ごすことで、高い適応力はもちろん、ストレス耐性なども身につけられます。日本で働くときにも、それらの経験と能力は間違いなく活かせるでしょう。

チャレンジ精神

前提として、ワーキングホリデーは強いチャレンジ精神がなければ成功しません。どんなトラブルや困難も楽しみながら自身の力で乗り越える、そこで得られる経験は、大学留学や語学留学よりも遥かに刺激的でしょう。

そういった経験は、これからのグローバル社会を生き抜く上で、大きな力になります。海外展開を検討している日本の企業にとっても、強いチャレンジ精神を持った人材は貴重な戦力となりうる為、今後需要は高まっていくでしょう。

留学から何を得たのか、しっかり自己分析を!

ここまで、3つの留学スタイルで得られる能力の差を見てきました。
語学力や異文化理解といった能力は、大きく見ればどの留学スタイルでも共通して得られるものですが、少し深く見てみるとその違いが分かります。

大切なのは、自身が留学で何を学び、何を得たかをしっかりと分析すること。
その足がかりとして、選んだ留学スタイルからどんな能力を得られたのかを考えてみると、ご自身の能力をまた違った視点から見ることができるのではないでしょうか。

「自己分析してみたものの、自分が何を得たのかいまいち分からない…」という方は、ぜひTIP TOP JOBにご相談ください。
留学や海外生活に詳しいキャリアアドバイザーが、あなたと一緒にあなたの強みを見つけ出します。