【アドバイザーズコラム】時代は転職=キャリアアップ

TIP TOP JOBの黒田です。

突然ですが、転職者の皆さんに朗報です!
昨今、日本の転職に対する定義が変わりつつあります。

1998年以降、転職により賃金が下がる傾向が続いて、日本では「転職をしても賃金が増えない」というのが定説でした。
しかし、2017年10-12月期では、賃金が一割以上増加した人の数が30.4%と、調査以来初の三割を超え過去最高を記録しました。

今後、転職という言葉の意味がジョブホッパー(転職を繰り返す人)というようなネガティブなものではなく、キャリアアップのために転職するという本来あるべき認識が強まっていくことでしょう。やっと時代が転職業界に追いついてきた、と私どもは感じてます。

これを機に、海外留学経験者の市場価値も改めて認識され、留学によって得た経験を正しく還元できる環境が整うことは間違いありません。

転職求人倍率は過去最高

転職求人倍率は、全職種で上昇しています。前年の1.92倍になり、2008年10月以来の過去最高を記録。中でも一番上昇率が高いのが、女性の多い事務系専門職で、前年より5.2%上昇の28.9%でした。
また、転職前と比べて賃金が増加した人の割合は、2008年のリーマンショック前の水準を超えました。

その背景にあるのは、全国的な人材不足です。この人材不足は、それが原因で倒産する企業が続出するほどに深刻なものでもあります。

時代はまさにパラダイムシフトに直面しています。しかし、この状況は求職者側にとっては決して悪いものではありません。
一般の求職者の方だけではなく、海外留学経験者の皆さんも、市場を盛り上げる絶好のチャンスです。

賃金増加は男女共通

前年同期比の上昇率が高いIT系は、元々リーマンショック後の回復による転職が大半でした。
しかし、2013年頃からIT業界に加えて、メーカーやコンサルティング業界の転職も増えてきています。それら業界には給与水準が高い企業も多数あり、結果転職後の賃金上昇につながってます。

同様に上昇率が高かったのは、人事、経理・財務、総務・広報などの事務系専門職で、男女共に転職後の賃金は増えています。

以前は、転職後の賃金増加は男性だけという認識がありましたが、今回は女性の賃金も増えました。
この事からも、今や転職市場は女性にとってもキャリアアップが可能となっていると言えるでしょう。

さらに言うと、留学経験があり英語を話せる女性とそうでない女性とでは、同年代であっても平均年収に約3倍の開きがあるとも言われます。

40代以上の転職は未だ賃金減少傾向

ここまでは男女別の転職後の賃金増加について見てきましたが、年齢別で見てみると様相が異なります。

20〜30代では転職後の賃金は増加傾向にありますが、40代以上になると一転減少傾向となります。
日本の転職市場においては、年齢によって転職後の賃金に影響が出る現実が未だあります。しかし、海外留学経験が評価される時代になり、また留学経験を正しくアピールし仕事に活かせれば、年齢に関わらず好待遇な職場に転職することも決して不可能ではないでしょう。

年金受給開始時期の引き上げが検討されている昨今、40代はもちろん50代、60代の転職も十分に考えられる時代になってきました。
若年層にはない、長い就業経験によって積み上げられたスキルが正しく評価されれば、転職後の賃金も間違いなくプラスに転じることでしょう。

 

私たちTIP TOP JOBは、現在の転職市場は大きな転換期と捉えています。
留学で得た皆さんの経験が正しく評価される土壌がそこに加われば、結果として留学経験者、国内企業双方にとって大きなメリットとなるでしょう。

留学経験者の皆さんの力が正しく評価され真に理解されるよう、TIP TOP JOBも全力で戦ってまいります。